電気脱毛法とは|メリット・デメリット|色々な脱毛法

電気脱毛法とメリット・デメリット

永久脱毛の方法として、電気脱毛法というものがあります。

 

この電気脱毛法とは、細い針を毛穴の一つ一つに差し込んで電気を流し、毛根部を破壊するという方法です。

 

この電気脱毛法により、破壊された毛根からは二度と毛は生えてきません。

 

電気脱毛法のメリットには、一度施術すれば二度とムダ毛に悩まされることがない、という点があります。

 

永久性で言えばレーザー脱毛に匹敵する効果があるとのことです。

 

しかし電気脱毛法にはデメリットも存在します。

 

まず一番に取り上げられるのは、強い痛みです。

 

医療機関で電気脱毛するなら、麻酔の使用が可能なので問題ありませんが、エステサロンで行う場合は麻酔を使用できません。

 

したがって、毛穴に電気を通す際に走る痛みに耐えなければなりません。

 

しかも毛穴一つ一つに通電させて行くわけですから、痛みに弱い人の中には途中でドロップアウトする人もいるようです。

 

痛みの度合いはエステサロンの施術者の腕と本人の強さにもよるかもしれませんが、電気脱毛法による永久脱毛を考えている人は、よく相談してからの方が良いかもしれませんね。

 

または、麻酔の使用が可能な医療機関で電気脱毛を施術してもらうことも検討したほうが良いかも?