光脱毛法とは|メリット・デメリット|皮膚に対する安全性は高い?

光脱毛法とメリット・デメリット

エステサロンや医療機関などで行われる永久脱毛で、レーザー脱毛は広く知られていますが、「光脱毛」という脱毛方法があるのをご存知でしょうか。

 

「光脱毛」とは、光の中の毛根処理に使える波長だけをフィルターにかけて取り出し、それを毛根部に直接照射して焼ききってしまうという脱毛方法です。

 

レーザー脱毛に似ていますが、光脱毛法はレーザーに比べて光の出力が弱いため、その効果性で少し劣ってはいます。

 

しかし、発毛そのものを減退させるため、施術の回を重ねるごとに発毛しなくなっていくので、永久脱毛を期待できます。

 

この光脱毛法には多くのメリットがあります。

 

先に述べたように、レーザー脱毛より効果率が低い分、皮膚に対する安全性は高いと言えます。

 

また、レーザー脱毛と比べるとコストをかなり抑えることができます。

 

そして痛みがほとんどありません。

 

永久脱毛としては、比較的気楽に受けられる分野ではないかと思われます。

 

光脱毛法のデメリットとしては、繰り返しになりますが、レーザー脱毛と比べて効果性が低く、そのため、満足がいくまでには数回繰り返す必要があります。

 

また施術は比較的安全ですが、稀に軽い火傷になって毛穴の部分が腫れたり、水泡ができたりすることがあるようです。